台湾旅行記 2018 ★ リピート決定!黄龍荘は小籠包の皮がQQ

台湾グルメのマスト小籠包。
我が家は【鼎泰豐】でしか食べた事がなく、違うお店も試したい!
でも並ぶの嫌だしな~、
地元の人が通う庶民的なお店がいいな~とリサーチして白羽の矢が立ったのが黄龍荘です

スポンサーリンク

黄龍荘へのアクセス、営業時間など

住所      台北市牯嶺街43号(寧波西街との交差点)
営業時間   10:00 – 21:00
定休日    月曜日 旧正月3日間
支払方法   現金のみ
日本語メニューあり
Facebookはこちら
【行き方】
MRT中正紀念堂駅出口2番を出て南門市場を右手に見て直進し、寧波西街で右折
そのまま歩いて行くと左側にお店が見えてきます。駅から徒歩約10分位

メニュー

肝心なメニューの写真を撮り忘れてしまったようなのでショップカードをば(;^ω^)

日本語メニューありますし、注文票に記入方式なので迷う事ないです

食べたもの・感想

こんな感じでオーダーしました

まずはなにあれビールで乾杯です

チビグラスがかわいい(^^♪
ビール瓶の後ろに写ってるのは生姜です
ごぼう茶は無料サービスです

小菜 40元

冷蔵庫から小菜を取ってきました
絶対大丈夫なんだけど、勝手に取るのってドキドキしちゃうんですよね(^^ゞ

小籠湯包 140元
奥に写ってるのは 蝦仁燒賣 280元

ここの小籠包は皮がしっかりめで肉肉しくスープたっぷりです
この中身を包むには薄手の皮じゃ破れちゃうもんね
たっぷりの生姜を合わせていただきます

えびしゅうまい、めっちゃデカイですw
もちろんエビはプリップリですよ!

へちま入りも食べたかったけど、2人だとこれが限界でしたー

炒青菜 110元

青菜は時期によって種類が替わるようですが、この時は空心菜でした
今回の旅では毎日食べてましたね(^^ゞ
シャキシャキの歯ごたえがたまりません

酸辣湯 小 60元

小でも2人でシェアするのに十分な量です
味はちょっと薄めかも。個人的にはもう少しパンチが効いてる方がいいかな
次回はチキンスープにチャレンジしてみたいです

〆は 蝦仁炒飯 130元

こちらも味付けは薄め。
美味しかったけど、私の中のエビチャーハンNO.1は鼎泰豐だなー
麺もあるので次回は牛肉麺にTRYしてみようかな?
牛肉麺ってどうなんでしょう?お店によってかなり違うようなので、なんとなく避けちゃってます(;^ω^)

初めてだったので駅からも遠く感じましたが、2回目からはサクっと行けるかな?
2F席もありますよ!
店内はもちろん、トイレも綺麗、お店の方もとても親切です
わざわざ出かけたくなる、アットホームなお店です

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
更新モチベーションがUPします



2018 台北
スポンサーリンク
更新情報をお届けします♪
Mahalog

コメント