台湾旅行記 2018 ★ JAL桃園空港ラウンジ ~ JL804便で帰国

スポンサーリンク

ロイヤル・ニッコー・タイペイをチェックアウトし、Uberにて桃園国際空港へ

前回は松山空港だったので、航空会社共用のVIPラウンジの利用でしたが、今回はJALオンリーなので楽しみです

桃園空港のラウンジはサクララウンジじゃない

JALのラウンジ名称といえばサクララウンジですが、ここ桃園国際空港はJAL桃園空港ラウンジなんですね

JALのホームページに

2017年2月4日より、台湾桃園国際空港のラウンジは、Plaza Premium LoungeからJAL桃園空港ラウンジに変更となります。

と記載があるので、このあたりが何か関係してるんですかね?

右のグラス、よく見るとTrans Asiaのもの。
今回が初めての利用なので比較できませんが、恐らく居抜きで使えるものはそのまま使用してるんですかね?

ちなみに左がマンゴープリンで、右がオレンジジュース
搭乗前なので控えめにしときました(^^ゞ

JAL桃園国際空港ラウンジ施設案内

成田や羽田のラウンジと比較すると狭いですね~

和テイストの通路を抜けてビバレッジコーナーへ

気になるラウンジ飯は・・・

往路はラウンジで食べ過ぎたせいで機内食を完食できなかったので、復路はお酒も自粛!!
他のお客さんの迷惑にならないよう人がいないとこだけ写してきました
画像ないですが、もちろんビールマシーンもありますよ!

パンはこのほかに冷蔵庫にサンドイッチもありました

お稲荷さんもあるよ

こちらはデザート類

ひと口サイズなのがいいですね
ここから冒頭でUPしたマンゴープリンをいただきました

メインのホットミール画像がないのですが、台湾らしく点心やビーフン、カレーもあるのでしっかりした食事も可能です

スポンサーリンク

座席

座席数は少な目ですかね

こちらは1番奥のコーナー
落ち着いた雰囲気なので、読書とかするならこちらがオススメ
もちろんWi-Fiフリーなので動画もバッチリです

窓際はコンセントのあるカウンタータイプの座席があります
成田みたいにJAL機が見えるわけではないので、そこがちょっと残念ですね

お楽しみはマッサージチェアー

ラウンジの楽しみの1つでもあるマッサージチェアーも2台ありました
個室ではなく衝立で仕切ってるだけです

ちなみにシャワールームはないのでご注意を。

JL804便で成田空港へ

そろそろ搭乗口へと向かいましょうかね
途中、エバー航空のキャラ、キティちゃんにご挨拶

機材

機材はボーイング737
座席数は140あまりのコンパクトな飛行機です

非常口座席

座席は往路同様、非常口座席を指定しました

非常口座席と言っても、ご覧の通り前にも座席があります
男性が足を延ばしても十分な広さです

機内食

メインは野菜のあんかけが乗った麺です
生姜が効いてて好みの味でした
デザートのパッションフルーツのムースも酸味があって美味しかったです

フライトは問題なく成田に到着
短い夏休みが終わりましたとサ

お次は戦利品UP予定です

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
更新モチベーションがUPします



2018 台北
スポンサーリンク
更新情報をお届けします♪
Mahalog

コメント