台湾ひとり旅 2017 ★ 天喜迷?火鍋(ティエンシーミーニーホウゴウ)で ひとり鍋 デビュー


行きは歩いたど、乾物買ったら重たくてMRT乗って帰ってきました
旅日記には
足も疲れて1駅だけどMRT乗った
でもホームまで遠くて歩いても同じぐらいだったかも
    と記してありますw
日本でもバスやタクシーは利用したくない人なのですが
台湾はタクシー代安いし、荷物が多い時ぐらい利用すれば良かったかも、ですね。
さてさて、外はすっかり暗くなり、晩ご飯どうしよう!?
いくつかピックアップしといたお店はあるものの、チト遠い・・・
ホテルの部屋でスマホ片手に検索するも、ここは初志貫徹ひとり鍋デビューしちゃおうじゃないの!

場所は北門から台北地下街出口Y19だったかな?
徒歩8分程で到着


隣がファミリーマートなのですぐわかると思います

ホテルを出たのが18:00過ぎだったので、ちょうど夕食の時間帯。
案の定並んでおりました・・・
どこが最後尾なのかよくわからず、ここかな?ってあたりに立ったのですが、なんか違和感を感じます
しばらく観察してると、どうやら店内で名前や人数を告げてる様子。
早速マネっこです
私が日本人だとわかると、片言の日本語で「20分くらい」(待ち時間)と言われました
これで安心!
ちなみに順番がきた時 「ニッポンジン!!」って呼ばれました(笑)
お店は吉牛のようなU時型のカウンター席のみ

台湾の人って外食の時もあんまり飲まないらしいですね
でも周りのことは全く気にしないらしいので、入口の冷蔵庫から缶ビールを手に着席w
(お酒の注文方法については念入りにチェックw)
日本だと勝手に商品を取るのすごく抵抗がありますが、こちらでは小菜といわれる小皿なんかも
セルフで取るスタイルが多いみたいですね
初めてなのでドキドキでした

石頭火鍋の豚を注文
周りを見渡すもビール飲んでるの私だけだぜw
ひとり1つの鍋だけど、ファミリー率高かったです
待ってる間にワゴンにタレや薬味がおいてあるので、見よう見マネで混ぜてみたりして。

おばちゃんがセットしてくれます
お肉だけじゃなく、野菜やミニちくわなどの練り物も入ってて結構ボリュームあります
春雨と青梗菜もセットに含まれています

追加で好きな具をオーダーしてもいいかもしれませんね
気になるお味の方ですが、旅日記には
うーん、なんか台湾の味とかニオイがイマイチ好みじゃないような?
まずくないんだけどね
 とありますw
この日は朝から歩き回りで疲れてたのもあるし、つけダレにも左右されると思うので
機会があったらもう1回ぐらいTRYしてもいいかなー?とは思ってる、今は(笑)
何度も言ってますが、ひとりだと沢山の種類を食べれないし、日本だと鍋料理は大抵2人前からが多いですよね?
そんな中カウンター形式でサクっと食べれるのは旅行者の私達にはありがたいと思います
鼎泰豊のような清潔感があるお店もいいけど、こういうローカルなお店でも食べてみたかったので満足でした

コメント