サンフランシスコ旅行記 2019 ★ キャセイパシフィックラウンジ

久々の羽田国際線ターミナル!
まずはみんな大好きヌードルバー目指してキャセイラウンジへ(笑)
私は2年ぶり、旦那はお初の訪問です

スポンサーリンク

アクセス、営業時間、利用資格等

 

  • 場所:114番ゲート付近
  • 営業時間:7:30~17:00(毎日)
  • 利用対象者:ファーストクラス、ビジネスクラスを利用者、ザ・マルコポーロクラブおよびoneworld提携プログラムの一部の会員

 

JALのサクララウンジももちろん利用しますが、まずはクローズが早いキャセイでランチです

 

レセプションでは何故か英語で案内される不思議。
チャイナと間違えられたのかσ(^_^;)

キャセイといえば【ザ・ヌードル・バー】

反射しちゃってますがメニューはこんな感じでした
ま、メニューなんて見なくてもオーダーするのは決まってるんだけどねw

出来上がるまでビールでのどを潤します

おつまみはラタトゥユとシーフードマリネ

ワンタン麺、担々麺

担々麺のスープが最高にウマイです

担々麺とフレンチトースト

正直フレンチトーストは食べなくても良かったのですが、旦那に名物なんだよーって伝えたかったのでオーダー

見た目厚焼き玉子ですね、お寿司屋さんですと言っても通じそうw

自由度が低いフードバー

ラウンジ飯の楽しみって【好きなものをを好きなだけ】だと思うんですが、キャセイはそれができないのが残念と思うのは私だけではないはず!
ミールが乱雑なのも嫌ですが、いちいちスタッフに盛り付けてもらうのも気を使います

デザートなど一部は自由に取れるようになっていますが、フードも同様になるといいのになぁ~

バーカウンター付近

羽田空港オリジナルカクテルの【羽田ジェイド】と【スウィート羽田】が気になりつつも、スパークリングワインをいただきました

小鉢の中身はプリンです

食後はこのあたりで飛行機を見ながらのんびりするのがいいですよね
皆さん考えることは同じのようで、残念ながら窓際は満席でした

レストルーム

羽田のキャセイラウンジにはシャワールームはありません

レストルームのアメニティはAesopでした

利用してみて

前回も感じたのですが、なんかこうスタッフの上から感が否めませんでした

 

 

オークラホテルが全面的に運営を委託されていて、スタッフの数も多く、常に見張られてる感じがしてしまうといいますか。
フードをお願いするにも「こいつまた来た」とか思われたくないですし、私にとって非常に肩の凝るラウンジです(;^ω^)
ここではサクっと担々麺を食べて、あとは慣れ親しんだサクララウンジに移動するのが私的にはいいかなーって感じです

利用できるのはいつ?サクララウンジ・スカイビュー

 

キャセイラウンジの1階下にはJALのサクララウンジ・スカイビューがあるのですがーーー

 

なかなかタイミングが合いません。
スカイビューっていうぐらいだから眺めが期待できそうですよね?
利用できる日は来るのでしょうか?

担々麺も食べたことだし、サクララウンジへ移動します

コメント

タイトルとURLをコピーしました