京都ふたり旅 2015-12 ★ 一の傳

 


1年ぶりにお邪魔してきましたー


お席は2Fなので、準備が整うまで1Fのこちらのお部屋で待機します
前回は個室でしたが、今回は1つのお部屋に2組のテーブル席でした。

食事のメニューはこちらのコースのみになります

季節の前菜盛り合せ
辛味大根と鰤のお寿司、牛蒡の茶碗蒸し、京菊菜酒粕和えなど選りすぐりの前菜です

ちなみにお皿は一の傳の【一】を表しているそうです

牛蒡の茶碗蒸し、京菊菜酒粕和え
牛蒡の茶碗蒸しなんて初めて食べました!
牛蒡のお出汁がよく出てましたよー
菊菜も大人の味って感じ。

鰤のお寿司も良かったんですが、個人的にはレンコンチップスがイケてましたw
ビールのアテにもっとバリバリ食べたかったよー
それにしても美しい盛り付けですねぇ

これは卵黄の味噌漬けで、水分が抜けきっていて、生卵の食感とはベツモノでした!
お味噌の味でまた変わるんだろうなぁ
こんなの出されちゃー、お酒でしょっ!と

京都のお酒注文^^

お猪口の光がキレイでした

海老芋の白味噌椀
ホクホクに炊き上げた海老芋と、こんがり焼いたおでん麩を白味噌で仕立てたもの
こちらは前回とかぶってましたが、美味しいので無問題
お芋の表面がカリっとしていて美味
好きなんですが、白味噌って普段自分では調理しないので新鮮です

旬菜 かぶら蒸し
これも前回とほぼ同じかな。
わさびがいいアクセントでした

銀だらの「蔵みそ焼」
一の傳と言えば銀だら!!な私には、嬉しいメニュー
きっと前回も12月だったので、同じような内容なんでしょうね
味噌漬けはよくお取り寄せしますが、やっぱり焼き加減が絶妙なんですよね
自宅ではこうはいかない・・・

土釜炊きのふっくらご飯、合わせ味噌汁、京漬物
ご飯はこちらのお釜で登場
お上品に2杯ってところですかね?(^^ゞ

水物
乳白のブランマンジェに柚子風味のジュレを掛け、雪に降り注ぐ日差しの情景を表現しました

前回の黒糖シフォンケーキにもやられましたが、こちらのブランマンジェも美味しかったです。
柚子のおかげで甘さが抑えられ、サッパリでした。
いや~、前回同様、大満足のランチでしたーヽ(^o^)丿
違う季節のコースも堪能したいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
更新モチベーションがUPします



京都・奈良
スポンサーリンク
更新情報をお届けします♪
Mahalog

コメント